ロケーション

作品No

家族構成

広さ

建築家

都道府県

坂道の家 神奈川県

お気に入り登録

作品詳細

敷地へと続く道幅が狭く、急勾配な坂道。敷地へ侵入する出入口の幅も1.8m程しか無く、まずはその幅を広げる工事から行いました。西側隣地の崖から建物を守るための工夫を、高基礎で配慮しています。既存樹木の多くを伐採しましたが、敷地中央の大きな柿の樹を残し、道路からの目隠しと木陰を確保しています。外壁に貼った木製のアピトンと、
同じ材料で造ったウッド・デッキは、そんな柿の樹との調和と繋がりにも一役買い、建物の内外を緩やかに繋いでいます。
また建物中央に吹き抜けを設け、上下の繋がりと建物内外の視覚的な繋がりも意識しています。手触りが良く、視覚的にも優しい木材を建物内外に多く利用したことで、柔らかな印象を持つ家となりました。

敷地面積:309.06㎡
建築面積:70.34㎡ (21.27坪)
延床面積:102.67㎡ (31.05坪)
施工会社:株式会社 安池建設工業
建設地:神奈川県小田原市

安井 俊夫

天工舎一級建築士事務所 
神奈川県
HP:https://www.k-tantei.com/

「木を活かし」、「風を遊び」、「陽を招き」、「土と寝る」― そんなことを考えながら、建物を思い描いています。そして「住み手」と「建築家」、そして優秀な「施工者」の三者の理解と協力が良い家を造ると信じています。また家は「住み手」のためだけではなく、街にとっても大切な一つの要素です。その一つを大切に作ることで、良い町が作られると信じて活動しています。

1960年香川県生まれ/一級建築士/一級古民家鑑定士/神奈川県震災建築物応急危険度判定士/既存住宅現況検査技術者

<経歴>   
1993年 13年間の設計事務所勤務を経て天工舎として独立
2003年 新宿OZONEにてセミナー開催
2006年 メディアファクトリー出版から『犯行現場の作り方』出版
2007年 日本推理作家協会文芸賞「日本推理作家協会賞評論部門」最終選考ノミネート
2008年 有栖川有栖氏との共著『密室入門!』出版
2009年 第九回本格ミステリ大賞評論・研究部門最終選考ノミネート  
2010年 早川書房の月刊誌『ミステリマガジン』に「建築視線」連載
2016年 韓国のミステリ専門誌『MYSTERIA』連載
2021年 HOUZZコントリビューターとしてコラム執筆
2023年 現在に至る


お気に入り登録
  1. 香花園の家 兵庫県

  2. 豊中の家 大阪府

  3. 青海町の家Ⅱ 新潟県

  4. ワの家 静岡県

  5. はぐくむ家 静岡県