ロケーション

作品No

家族構成

広さ

建築家

都道府県

常に初心を忘れず、創造することを楽しみながら仕事をする建築家
眞壁 喜男さん

建築家を目指したきっかけ
 小学生の頃、建築ラッシュの住宅地が通学路にありました。大工さんのかっこよさに魅了され、漠然と将来建築を造りたいとインプットしました。
建築の学校へ進み、建築家の宮脇檀さんを知り設計がしたいと設計事務所で修行をしました。自分の建築を生み出したく30歳頃までには独立を考え、何の保障も無く家族もいるのに32歳で独立いたしました。

住宅設計のこだわりや心がけている事
 「創造することを創(はじ)める」と言う想いで「くりえいと」と「創」を合わせました。どのようなプロジェクトでも初心(ゼロ)から考える事を大切に取組んでいます。どのような仕事でも初めてのプロジェクトと考えてスタートします。何度も関っている建築こそ「慣れ」ない様に注意します。これは楽しんで仕事をする 一つの要素でもあります。


お客様との関係性
 住宅設計では特にお客様との相性が重要と考えています。初めてご来所頂いてから何度でもお会いしてお話をして業務費や予算で可能な建築ボリューム、設計がスタートしてから完成までのスケジュールを説明します。その上で依頼して頂くまではプレゼンは一切しません。私達は考えてプレゼンする事が仕事であり報酬を頂く事なので。

仕事のやりがい
 楽しく仕事をする事。仕事を楽しいと感じる事。本当に好きな事で食べていくためには大部分が大変な事ですが、その大変な事も視点や手法、意識を変えれば楽しい部分が見つかります。

今までの設計事例
 住宅の新築やリフォーム。物販店や飲食店などの商業施設。食品工場や木材工場などの工業施設。消防庁舎や集会施設、小学校や展示施設などの公共施設。ガーデニングやインテリア、モニュメントのデザインなども手がけました。

編集後記
 住宅だけに留まらず、現在までに様々な作品を手掛けてこられた眞壁さん。仕事に「慣れ」を感じないように自分を律し、常にフレッシュな気持ちで創作活動をされているというお話がありました。建築への情熱と、本当に好きな事を仕事にし、楽しみながら取り組んでいるお姿が想像できました。これからも創造力溢れる作品を楽しみにしています。
眞壁さん、ありがとうございました。(飛髙)

  1. 四万十町の家 高知県

  2. 愛宕町の家 高知県

  3. 板橋の家 東京都

  4. 秦町の甍

  5. 音羽の家 京都府