ロケーション

作品No

家族構成

広さ

建築家

都道府県

自然素材や緑で居心地の良い空間を提供する建築家 伊与田 貴章さん

写真左側が貴章さん、右側が奥様。

建築家を目指したきっかけ
 小さい頃、自然の中で時間を過ごすことがよくありました。木々の間から光が差し込んでくる森の中や、丈の長い草原の中は自分にとって囲まれた気持ちの良い空間でした。そこから、空間づくりに興味がわき建築の道に進むようになりました。大学は福山大学工学部建築学科に進学し、卒業後は東亜建設工業株式会社でモノづくりを自身の体で経験。その後、一級建築士を取得してから関西と高知の設計事務所で8年勤務し独立。現在は、オーダーメイドウェディングドレスサロンと設計事務所の共同アトリエを妻と開いて運営しています。妻とは業種が違いますが、素材や色、モノづくりのコンセプトなど共通して検討する点も多く、違った視点でのアドバイスをもらいながらデザインを進めています。

住宅設計の拘りや心がけていること
 お客様には落ち着ける建物、空間を提供したいという想いがあり、内部と外部に無垢の自然素材を提案するようしています。建物に使用しない場合はアプローチや庭に緑を配置するなど自然と触れ合えるようにすること、また、居心地の良い空間の演出として照明の提案をさせて頂いております。時間が経過するほど住宅と住人のつながり、住人と地域のつながりが深くなるデザインとなるように考えています。

お仕事のやりがい
 新しい事業の土地を見て、この場所に建つ建物はどのようなものが良いかお客様と考えながら一つ一つ設計を進めていくのが楽しくもありやりがいです。住宅に限らず店舗や事務所などの設計もしていますが、建物ができるとそこで新しいつながりがうまれ広がっていきます。私自身多くの方とのつながりからお仕事の依頼を頂いており、今後もつながりを大切にした設計をしていきたいと思います。

今後の活動
 これからスタッフも増え、今までよりも物件一つ一つにかける時間を長くとることができます。今後は住宅設計の数を増やし、新しい用途の建築設計ができるように取り組んでいきたいです。お客様に今まで以上に満足頂けるデザインの提案を行い一歩一歩進んでまいります。

編集後期
 小さい頃に自然に囲まれて過ごすことの心地よさを知り、お客様にも無垢の自然素材や植物をご提案されているとお話しいただきました。忙しい日々を送られている方の多い現代社会において、伊与田さんがご提供する様な、ほっと落ち着き、心が安らぐ空間づくりが求められているのではないかと思いました。また、異業種の奥様と共同アトリエを運営されており、女性的な視点や気づきもアドバイスとして設計に取り込んでいると仰っていました。これからも様々な感性を取り入れた素敵な作品を世に出していただける事を楽しみにしております。
伊与田さん、ありがとうございました。(飛髙)

  1. 深草の工房住宅 京都府

  2. 香花園の家 兵庫県

  3. 豊中の家 大阪府

  4. ワの家 静岡県

  5. はぐくむ家 静岡県