ロケーション

作品No

家族構成

広さ

建築家

都道府県

感性を活かし合い、永く愛される建築を提案する建築家 羽田 佑輝さん

羽田佑輝さんと羽田彩乃さん

建築家を目指したきっかけ
 高校は普通科の理系を専攻していましたが、もともとものづくりに興味があったため、大学は建築系の学科に進学しました。
高校生までは具体的な就職先が決まっていませんでしたが、大学進学の際に建築士になるという目標ができ、せっかくなら独立して事務所を構えたいと考えたことがきっかけです。ただ、専門知識に加え、クリエイティブな面や経営など、総合的なプロフェッショナルでないと独立は難しく、狭き門という印象で不安な気持ちはありましたが、学生生活を送る中で建築の広い世界を知るにつれ、より建築に惹かれていき、建築士になって自分の思う建築を将来にわたって残したいという気持ちは強くなっていきました。その後大学を卒業し、住宅メーカーや設計事務所へ就職。その経験をいかし32歳の時に独立しました。

建築へのこだわり
 私たちが目指すのは、永く愛されるデザインです。家は一番身近で一番永く付き合っていくものです。だからこそ、一時の思いや流行に影響されない、時間とともに風合を増していく素材感や飽きの来ないデザイン。ぬくもりやすずしさを大切にした省エネ空間。耐震性に配慮した構造設計。それらを中心に置き、五感で感じる心地よさを追求しています。
 生活スタイルや家族構成により住まい手が良いと思う家は様々です。そのような生活スタイルから風土や気候、構造、性能、デザインなど様々な視点から住まい手に寄り添った家づくりを行っています。月日とともに風合いを増し、大地に根付いていくような建築、住む人とともに思い出も受け継ぐ、そんな「受け継いでいく建築」をつくりたいと思っています。
建築家夫婦として、住まい手に寄り添った家づくりを目指して設計を行っております。お互いの得意とする感性を活かしあい、夫婦、男性、女性、そして建築家として、多くの目線から住まう人に寄り添いながら家づくりを行っています。


今後の目標
 学生時代に思っていた、自分が思う建築を残したいという気持ちは変わらず持ち続けており、これからも自分にしかできない建築を常に模索していくことが建築士としてのライフワークと思って業務に勤しんでいます。お客様のご要望をくみ取ることはもちろんのこと、永く愛される建築を残していくことを事務所の理念にしています。人や時間、場所が変われば設計の条件も大きく変わり、同じ物件は2つとないので、出会いを大切にし、1件1件に全力を注いで、広く認められる建築の実現をしていきたいと思っています。

編集後記
 作品に自然素材を多く使われていて、経年変化を愛し、思い出として受け継がれる建築を大切にされているお気持ちが伝わってきました。その理念を根底に、お二人の個性を活かし合い永く愛される住宅をご提案されているのだと思いました。また、男性、女性それぞれの目線でご提案いただけることは、生活導線や間取りを考える際にもお客様にとってとても心強いものだと思いました。様々なニーズに共感することができ、他にはない武器だと感じました。
 羽田さん、ありがとうございました。(飛髙)

  1. 週末だけのご褒美空間住宅 宮城県

  2. つくばみらいの家 茨城県

  3. 相模原の家 神奈川県

  4. 軽井沢の山荘 長野県

  5. 古団地リノベーション 京都府