光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県

お気に入り登録

作品詳細

斜面に沿った、市街地に向けて開放された高台という立地を活かし、大きな窓を設けることで窓越しに遠くの景色を臨むことができる。
もとは擁壁により道路から1段高い土地だったが、掘り下げて内部をスキップフロアにすることで外観の圧迫感を緩和させた。
建物に使用された素材感や外に開けた形状によって、点在する植栽とも調和がとれている。道路側に深く設けられた屋根は建物のアクセントになっており、建物の外壁が雨から守られることに加え、建物内部に向けられる外部からの視線を遮る役割も担っている。屋根は三本の鉄柱によって支えられているため浮遊感を持った印象になっている。夜はその隙間から内部の照明の灯かりが漏れ、昼間とは違った表情を見せる。縦長の窓は1、2階にわたって連続しているように見えるので南側の建物の顔になっている。内部に照明が点くことで外からも2階の化粧梁が見え、外部に向けて建物の意匠性が露わになるが、屋根や外部の壁、植栽によって外部からの視線を遮っているので、内部のプライバシーは確保されている。アプローチ部分は植栽や建物の化粧梁によって、住宅密集地にありながら、囲われたやすらぎを感じる場を形成している。上部の吹き抜けからは柔らかい日差しが差し込む。
2階にLDKを設置し、外部の景色を取り込む大きな窓によって明るく開放的な空間となっている。
天井に使用した梁を外部まで延長する形状としているので外と中の境界が曖昧になり、建物内部により開放感を与えている。
外部の吹き抜けを通して、アプローチに設置した植栽を見ることができるので、2階にいながら中庭を感じる、空中庭園のような印象にもなっている。

羽田 佑輝

株式会社 羽田建築設計事務所
広島県
HP:https://hada-archi.com/

家は一番身近で一番永く付き合っていくものです。
だからこそ、一時の思いや流行に影響されない、時間とともに風合を増していく素材感や飽きの来ないデザイン。
ぬくもりやすずしさを大切にした省エネ空間。
耐震性に配慮した構造設計。
それらを中心に置き、五感で感じる心地よさを追求しています。
生活スタイルや家族構成により住まい手が良いと思う家は様々です。
そのような生活スタイルから風土や気候、構造、性能、デザインなど
様々な視点から住まい手に寄り添った家づくりを行っています。


お気に入り登録

関連記事

  1. CASA de Chevy

  2. 段段段

  3. 方杖の家

  4. 玉ねぎ農家の家

  5. 牛窓の家

  6. White collage

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県