ロケーション

作品No

家族構成

広さ

建築家

都道府県

パーゴラテラスの家 栃木県

お気に入り登録

作品詳細

敷地周囲を囲んだ駐車場からの視線を遮り、光と自然を豊かに取り込んだ住宅です。プランニングでは生活のプライバシーを守るようリビングを2階に持ち上げ、はね出したテラスの下面には角度を設けた水平ルーバーを設けることで、地上からの目線を切ると共に、室内からも駐車車両を視界に入れることなく空へと広がる開放的な眺望を獲得しています。また上下階の温度差を解消するために、冬期は1階の床下エアコンを稼働させ、一方では2階の薪ストーブの暖気を軸流ファンによって1階床下に吹き下ろし、熱循環をさせることで快適な室温環境を保つようにしています。リビングに設けられたハイサイド窓からはふんだんに自然光が取り込まれ、テラスを貫くアオダモは、生活を彩り四季を感じさせてくれます。

所在地:栃木県宇都宮市
構造:木造二階建て
延床面積:118.86㎡ /35.95坪
施工:COMODO建築工房
構造設計:山田憲明(山田憲明構造設計事務所)
植栽:荻野寿也(荻野寿也景観設計)
撮影:新澤一平

関本 竜太

株式会社 リオタデザイン
埼玉県
HP:https://www.riotadesign.com/

そデザインとはそこに流れる空気のようなものを受け止め、掬い上げる行為ではないかと思います。人の流れを考え、行為のぼんやりとした輪郭を整える。敷地が持つ空気感やクライアントの言葉の行間を読み、空間のあるべき方向性を五感で受け止めるところから我々の仕事ははじまります。我々の仕事はいわゆる“間取り”をつくることではありません。また単にシンプルにデザインするということとも異なります。すべてが溶け合い、調和した秩序や道筋をそこにつくりたい。クライアントからはずっと前から住んでいたような感覚を覚えると言われることがありますがそれが我々にとっては最高の褒め言葉なのかもしれません。

お気に入り登録

関連記事

  1. 路地の家 東京都

  1. 多治見 古民家リノベーション 岐阜県

  2. 週末だけのご褒美空間住宅 宮城県

  3. つくばみらいの家 茨城県

  4. 相模原の家 神奈川県

  5. 軽井沢の山荘 長野県