四重奏の屋根

お気に入り登録

作品詳細

幾つかの提案の中から方形屋根の連なる計画案が選ばれた。それぞれの空間単位を正方形として星座のように繋ぎ、45度に展開する動線計画。隣棟間に生じる大小の窪みが庭となって変化に富んだ内外が生まれた。
大型犬と愛猫達との生活の場であり、リビングも寝室も共に過ごせる広さとしている。大屋根には深い軒と濡れ縁を設け、愛犬たちの走り回る様子が窓いっぱいに広がる。
アイランドキッチンはパーティー仕様で、脚開閉でのエクステンションとし、ウォールナットとシナでコントラストを付けた。
ここでは視点の移動に伴って変化する外観と、屋内では頂点で交わる隅木の安堵感が心地良い。改めて方形屋根は自立性と安らぎを生む強くて穏やかな形態言語だという気付きもあり、屋根裏は一階広間と繋がりながらも座して安堵する空間とした。スノコ床はスカイライトや下階の照明を相互に透過する装置として設えた。
サニタリーは寛ぎの場となるように石や桧板などの自然素材を用い、バスルームには北山を一望する窓を隠し框で納めた。
方形屋根頂部に集まる隅木の化粧納まりは技術を要する見せ場で、無事に上棟した時の大工さん達の喜ぶ顔が素敵でした。

江角 俊則

江角アトリエ
島根県
http://www.esumi-atelier.com/

依頼主さまと打合せを重ね、将来的な変化を見据えた快適な生活提案をしたいと考えています。
島根県内を中心に設計活動をしていますが、鳥取・広島・大阪・東京へも出向きます。
今までに建てた建物を実際に見て頂くことも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

お気に入り登録

関連記事

  1. 松江堀川の家

  2. シマトネリコの家

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県