大きな屋根に守られて

お気に入り登録

作品紹介

住まい手さんは、三方を水路に囲まれた敷地ゆえに、大雨によって水路の水が溢れると敷地にその影響を受けることを把握されていました。それを理解した上で、この土地を購入されましたので、建物へのご要望は水対策も、その一つでした。
そのために1階の床高を地面から1.0mの高さまで持ち上げました。
又、建物は一屋根の大きな屋根に憧れがあるとのことで、出来上がった外観ですが、屋根のボリュームと床高が上手くバランスのとれたプロポーションとなりました。リビングダイニングは丸柱を中心に据えたことで意識的に機能分けされます。
屋根裏部屋のような二階にはご家族のワークスペースと寝室を設け吹抜けを通じ、リビングダイニングと繋がっています。

芦田 成人

一級建築士事務所 芦田成人建築設計事務所
兵庫県
https://www.ashida-as.com/

人の暮らしを山や森にある身近な素材を中心に描いてみると、そこで経過する時間は皆様の生活に「馴染む」と表現するのがぴったりです。 それは見た目から感じること、香りから感じること、手触りから感じること、など様々な感覚にうったえ掛けてきます。感覚を豊かにすることは、生活や感性を豊かにすることです。
私達の生活は工業製品に慣らされていて、その均質さが当然であるかのようです。もし、それが当然とお感じの場合は少し感覚を取り戻す必要があるかもしれません。
木の家に住まうこと、可能な限り自然に近い素材が継続的に利用されることが、住まいづくりのスタンダードであって欲しい。 そのために素材の良し悪しをきちんと把握し住まい手の皆様に、ご理解頂けるように説明し、行動できることも私達の能力です。 そして、そこに住まうご家族の健康に寄与するために暖かな住まいを提供することも忘れてはいけません。
誠実に丁寧に、そして楽しく、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所の住まいづくりへの想いです。

<経歴>
1969 年生まれ
1991 年 大阪工業大学卒業
2002 年 一級建築士事務所 芦田成人建築設計事務所 開設

お気に入り登録

関連記事

  1. 玉ねぎ農家の家

  2. 朝日に向かう家 鹿児島県

  3. 知多郡南知多町の住宅 Y邸

  4. YS-house

  5. 京都和束の家

  6. 旭区の家

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県