犬山の住宅

お気に入り登録

作品紹介

地域の文化や風景、時間の堆積が感じられる建築要素を盛り込み、シンプルな平面構成で変化に富んだ空間を内包し、周辺環境と調和を図りながらも固有の存在感を示す、そんな小さな住宅を考えました。

所在地:愛知県犬山市
主要用途:専用住宅
敷地面積:498.50㎡
建築面積:100.15㎡
延床面積:100.15㎡
規模:地上1階
構造:木造
撮影:小川重雄

伊原洋光/伊原みどり

hm+architects 一級建築士事務所
神奈川県
https://hm-a.jp/

建築をつくるということは、誰か一人の力でできるものではなく
その場所の持つ力、依頼主様はじめ設計者、施工者など、関わる多くの人々の力と想いが一つに合わさってはじめて価値あるものが生まれると、私たち hm+architects(エイチエム プラス アーキテクツ)は考えます.
人や環境とのつながりを大切に、建築を静かにデザインすること.
そして個々の能力を超えた前向きなプラスの価値を提供できる建築設計事務所でありたい.
そうした想いを事務所名の「+」プラスという文字に込め、日々の設計活動に取り組んでいます.

 

お気に入り登録

関連記事

  1. 新城の住宅

  2. 渋谷で親族3世帯が暮らすため、町屋の連子格子にアイディアを得た家

  3. 風景と暮らす池畔の家

  4. 老津の家

  5. 静かに佇む家

  6. 弦巻の家

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県