SH

お気に入り登録

作品紹介

バージニア・リー・バートン作、『ちいさいおうち』は幼少時に何度も親に読んでもらった絵本の一つで、もともとは田園地域だった家の周囲が、都市化の波に覆われていく。そしてとうとう、排ガス、密集、喧噪のなかで住みづらくなったその場所から、家そのものが引っ越していく、というある種の寓意的な物語なのだけど、この家の設計をしているときに、なぜとはなくその絵本のことを思い出していた。田園でもなく、既に都市化された町家の密集地域なのだけど、いわゆる2項道路を前にしたヒューマンスケールの街並みをあっさりと超えて、周辺にチラホラと大きな建物が建ちはじめているのをみて、そんな昔の絵本を想起したのかも知れない。この、決して「小さい」とはいえない二階建ての家の周囲も、あるいは将来そんな建物に囲まれてしまうのではないか、そんなイメージを頭に浮かべていた。もちろんこの家はあの絵本のように引っ越すわけにも行かない。開放性、採光、通風など、さらに都市の密度が上がった場合を織り込みながら、陰影のコントラスト、グラデーションの際立つインテリアを考えてみた。2階は合掌梁で屋根を支え、ワンルームとし、天井の高さと相俟って、伸びやかな空間となっている。1階は土間玄関とし、ちょっと曖昧な空間を愉しんで貰っている。アプローチには、「和風の屋根付き門が欲しい」というご要望を、少しずらして、鉄板でシルエットだけ和風にかたどった、格子戸付門に置き換えている。

道家 洋

道家洋建築設計事務所
愛知県
https://doukehiroshi.com/


家づくりを考えてみると、いつもそれは建て主さんとの共同作業だな、と思います。わたしたちはお互い最初から答えをもっているわけでもなく、様々な条件と格闘し、迷いながら答えを探していく。デザインのお仕着せではなく、住み手の個性を引き出せるような住まい作りを目指しています。

<経歴>
1965年 名古屋市生まれ
1989年 名古屋大学卒
1995年 マクガフィン・アンド・パートナーズ建築事務所共同設立
2004年 道家洋建築設計事務所に改組・改称
2001年 愛知淑徳大学非常勤講師
2013年 名古屋造形大学非常勤講師

お気に入り登録

関連記事

  1. 三田綱町の家

  2. 街の中の森の家

  3. 静かに佇む家

  4. 高梁の家

  5. 西片の家

  6. 上高野の家 京都府

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県