光を抱く家

お気に入り登録

作品詳細

夫婦+成人した子供2人のための家です。
大人4人の住まいとして、寝室、個室、書斎など、一人一人の個のスペースが、共有の場であるリビングダイニング空間に対して、十分な距離と適切な位置関係をもつことが大切と考えました。そこで建物を大きく3つに分け、中央を共有の場、南と北にそれぞれ寝室などの個室空間を配置しました。そして南、北の個室と中央のLDとの間に、空からの光に輝く明るいつなぎのスペース(階段・サンルーム)を挟みこむことで、各個室が「離れ」のような独立した感じが生まれるようにしました。個室の独立感が高まり、落ち着く一方部屋を出て、外部のような空間を通るうちに、自ずと心が解き放たれればと考えてのことです。
中央のボリュームは、南が庭、北側がトップライトに輝く階段につながる開放的なリビングダイニングとし、その上に夫婦それぞれの書斎・ワーキングスペー スを背中合わせで配置しました。夫の書斎は、閉じた部屋にして、そこからロフトに上ると、建物の一番高い場所から、全体を見下ろせます。一方、妻のワーキングスペースは、リビング吹抜に面した建物の中心に開放的に配置し、いつも建物全体の気配を把握できるようにしました。
機能に応じて配置された各スペースを間に挟みこまれた光のスペースが分かちつなぐことにより、個と全体とが際立ちつつ結びつきあうようになればと願っています。

所在地:東京都大田区
規模:地階+地上2階建
用途:専用住宅
敷地面積:270.28㎡(81.78坪)
建築面積:107.66㎡(32.57坪)
延床面積:214.31㎡(64.84坪)
構造: 木造

西島 正樹

株式会社 プライム 一級建築士事務所
東京都
http://www.prime-arc.com/

空間は、人の心の中に安らぎや希望を生み出す力を持っています。
人間の内面が、自らを包み込む空間と呼応するとき、
心は豊かに満ち、生きる力を得るのではないでしょうか。
そのような思いから、「人間の内面と呼応する建築空間」をテーマに
建築の設計・監理に取り組んでいます。
また、まちづくりを通して、人と人との関わりの中から
心を育む環境空間の創造をめざしています。
建主の方の、考え方、夢や希望や、敷地独特の条件や特徴を生かすことから、
「安らぎ」を感じつつ「心の広がる」住空間を形づくっていきたいと考えています。
そして、独創的で、心地よく、美しいことが機能的である、
そんな住宅を実現したいと考えています。


<経歴>
1959年 東京都世田谷区生まれ
1982年 東京大学建築学科卒業
1984年 東京大学大学院
建築学専攻修士課程修了
1984年 (株)石本建築事務所勤務
1989年 (株)プライム一級建築士事務所設立
代表取締役

お気に入り登録

関連記事

  1. まついハウス

  2. 某有名俳優宅向かいの島津山高級住宅地にて南側を開放的にして暮らす住まい

  3. spiral house

  4. S邸 石川県

  5. 宮崎町の家

  6. 遠くを見る家 ~中津 6つの庭をもつ住まい~

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県