ロケーション

作品No

家族構成

広さ

建築家

都道府県

クラスター・ハウス  神奈川県

お気に入り登録

作品詳細

身体にとっての 内と外 は何によって決まるのか?皮膚が境界面だろうか? 
しかし手を丸める。するとそこにも内部と外部が生成する。 
そういった”構え”としての内/外もあるのではないか? 
敷地周辺には山々があり、夏の山風の向きは短時間で大きく変化することが気象庁のデータから分かった。 
この風を採り込める建物、それを開口部といった建物の境界面上の操作ではなく、建物の”構え”として解くことで、周囲に開かれた住宅にも出来たらと考えた。 
建主の要望から多くの個室が必要と考え、個室をユニット化し、それをどのようなルールでクラスター化させるか?が課題となった。 
住宅を個室に還元することは、家族を個に分解することでもある。 
クラスター化させることは家族の関係性を再構築することでもあり、その際に留意したのは、分解された個の自立と連帯としての家族といった内側の関係性と、家族と周辺といった外側の関係性である。 
各層に4つのユニットを余白を設けながら風車状に並べ、層ごとに向きを逆転させる。 
すると余白も各層で向きが逆転する風車状の形となる。 
これを基本型とし、周辺環境や法規制等の外的条件と機能や動線等の内的条件を同時的な相互作用として捉え、ユニットの大きさや重ね方を調整することで、それらに適応化させた。 
それはぎゅっと握った固いこぶしのような緊密で防御的な関係とは違い、軽く丸めた両の手の指を互い違いに組んだような緩やかで開かれた関係をもつ住宅である。 
その際に両の手の平や指の間に出来る空間が、積み重ねられたユニット群を鋳型とする吹抜である。 
ユニットの吹抜側全面をラワン合板で覆い、外壁に合わせて着色し明度を下げることで、周辺環境をより鮮やかに建物内に引き込もうとした。 
この吹抜を介して各ユニットは相互に関係を接続したり切断したり出来る。 
吹抜には、四方八方に穿たれたユニット間の隙間から外部の風や光、景色などが流れ込む。 
ユニットのズレで生じた動線上には縁側のような場所や、周辺環境を背景とする軒下のような場所もある。 

安定さと不安定さを備えて飛び飛びに重ね合わせられたユニットは、相互に繋がっているようで切れている関係となる。
各ユニットの離散的な関係、そのクラスター化の結果としてのこの住宅が、新たな個と家族と周辺との関係性を持つものになればと考えた。

所在地 :神奈川県小田原市
敷地面積:111.49㎡(33.78坪)
延床面積:124.86㎡(37.84坪)
構造  :木造
規模  :地上2階+ロフト
建築施工:中里建設
竣工年 :2014年

佐藤 森

プラスゼロ一級建築士事務所 
神奈川県
HP:http://pluszero.info

人は誰でもデザイナーです。何時に起き、何を食べ、誰と過ごし、何を着て、何をするか、常に人はそれぞれに時間を生活をデザインしています。私たちはそういった人たちが時間を過ごす場所としての建築、そういった人たちが集まって生活をする場所である住宅、を設計する手助けが出来たらと思っています。
設計とは単なる製図ではありません。人の生活とか、住む人の心理や価値観といった目には見えないものを、寸法と線によって形にしてあらわしていくのが私たちの仕事です。

一級建築士 国土交通大臣登録第328348号
<経歴>
1973 神奈川県生まれ
1996 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1998 同大学大学院修士課程修了
1998-14ヶ国を経てユーラシア大陸を陸路で横断
2000 アーツ&クラフツ建築研究所
2005-ミャンマー、インド
2006-アーツ&クラフツ建築研究所
2008-プラスゼロ一級建築士事務所


お気に入り登録

関連記事

  1. 鶴ヶ峰の家  神奈川県

  2. 王子の家  東京都

  1. 野本の家 新潟県

  2. 下小橋の住処 茨城県

  3. 川木谷の住処 茨城県

  4. 深草の工房住宅 京都府

  5. 香花園の家 兵庫県