東浪見の別荘

お気に入り登録

作品詳細

敷地はサーフタウンとして名高い千葉県長生郡一宮町。建主は普段は都内に住んでおり、週末や休日に趣味のサーフィンを楽しむために別荘を購入し、お風呂場の増築を希望していた。
元々の要望は、今の3分の1位の広さで、バリや沖縄のリゾートヴィラを感じさせる開放的な浴室したいということだった。対話を重ねていくうちに、単にお風呂に入る場であるバスルームではなく、寛げる場としてのバスルームというコンセプトとなっていった。風呂に入りながらテレビを見たり、湯上がりにソファーでのんびり出来たり、リビングに浴槽が置かれたようなバスルームとなった。窓はガラスの限界サイズまで大きくすることで、屋外にいるような開放的なバスルームとした。
もう一つの要望は、人が集まって楽しめる家と庭にしたいというものだった。室内を十分な広さにしつつ、ウッドデッキは日差しを避けるアウトドアリビングとし、一部を掘りごたつ式のテーブルとしている。屋上には景色の良い展望テラスを設け、広く開けた庭にはバーベキューも可能なスペースや、テントを張って寝泊まりできる芝生が広がっている。
室内から屋外まで一体的に計画し、敷地全体で楽しめる家となった。

所在地  :千葉県長生郡一宮町
用途   :別荘
構造・規模:木造地上2階建
延床面積 :36.85m2(増築部)
設計・監理:片山正樹建築計画事務所+影沢多恵
構造設計 :平岩構造計画
施工   :仲佐建築工房
写真撮影 :西川公朗

片山 正樹

片山正樹建築設計事務所
東京都
http://katayama-aa.com/

光・景色を取り込み、風が抜け、
緑豊かな空間で、
自然素材を使った建築

日照の移り変わり、風の向き、気候や四季の変化など、敷地それぞれの特徴を丁寧に読み取り分析し、自然に逆らうことなく調和した建築を提案します。デザインが優れているだけでなく、使い勝手・性能・コスト(適正価格)を追求し、戸建住宅・集合住宅・クリニック・インテリアなど、小様々な建築物を設計しています。1つの物件で何十個もの案をつくり、数多くの図面や模型を作成して、建主こだわりの建築をつくってきました。こだわりの空間を望む方、価値のある建築を望む方と共に、世界に一つだけの建築をつくっています。新しい家はこれまでと全く違う生活になったという声をよく聞きます。家族間のコミュニケーションが増えたり、身体が健康になったり、新しい家は建物だけではなく住む人の生活をも変えます。私たちは建築を通して、暮らしを少しでも幸せで楽しく出来たらと思っています。

お気に入り登録

関連記事

  1. 柿碕の家

  2. みどりの斜面に建つ平屋

  3. 沢渡の家2

  4. 上並榎サニーサイド

  5. 遠くを見る家 ~中津 6つの庭をもつ住まい~

  6. 棲林居

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県