野洲の家

お気に入り登録

作品詳細

メインとなるLDKは景色の良い二階に配置し、フルオープンの大開口を設ける事で外部と一体となる計画を行い光と風の抜けを創り出しました。また、中間領域として南北にトンネル状のバルコニーを設ける事で、LDKと一体となったバッファーゾーンを創り出し、生活に多様性をもたらしました。
全ての動線の先には、光を映写する壁か植栽がアイストップとなる開口部を設ける事で、空間に光の陰影や広がり、豊かさを生み出す工夫を随所に行いました。
そんな自然を上手く取り込んだこの住まいは、家にいながらも四季折々の変化や時間の変化を楽しませ、クライアントの日常に豊かな変化をもたらしてくれるはずです。

ロケーション:住宅街 
主要用途:専用住宅 
構造規模:木造2階建て 
家族構成:夫婦・子供
敷地面積:263.42㎡(79.68坪)
建築面積:85.67㎡(25.91坪)
延床面積:149.98㎡(45.36坪)
写真:山田雄太

久我 義孝

ハース建築設計事務所
滋賀県
http://hearth-a.com/

「人と自然に寄り添う豊かな住まい」を目指して、シンプルかつ機能性の高い空間でありながら、光の陰影や空間の抜け感、五感で感じる豊かな空間を提案する。

<経歴>
1982年 滋賀県甲賀市生まれ
2006年 関西大学工学部建築学科卒業
2016年 建築設計事務所勤務を経てHEARTH ARCHITECTS 設立

お気に入り登録

関連記事

  1. 高宮の家

  2. S.HOUSE

  3. 法成寺の家

  4. Shinbyucho-no-ie

  5. 平山の家

  6. Ri・Docoto・11

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県