栄の家

お気に入り登録

作品詳細

本計画は長屋の一部を切り離し解体された土地に計画された一戸建て住宅です。その為、敷地は間口が7.5m×奥行が30mという「うなぎの寝床」のような細長い形状でした。
こういう「うなぎの寝床」の土地では典型的な中庭型を提案しがちですが、今回は周辺環境が空地に接していることを考慮し,中庭で空間が分断される中庭型ではなく前庭と後庭を設ける配置計画としました。そして、その庭同士を繋ぐように南面に坪庭的路地空間を設け、半屋外空間(豊かな余白)を創り出すことで光溢れる豊かな空間を創り出しました。 プライバシーの事を考慮し外部的には閉鎖的な空間を創りながら、天窓やハイサイドライトを設けることで光を取り入れ季節や時間帯によって光の陰影が変わる演出(五感で感じる変化)を創り出しました。また、家の中よりも都市や街並みを設計するかのように路地空間や半屋外空間をメインに設計を行うことで、機能性を保ちつつも中間領域(内外の多様な繋がりと奥行)を生かした豊かな空間を創り出すことが出来ました。自然あふれるこの無駄のない落ち着いた空間は、クライアントの日常に非日常的な感覚を与えてくれるはずです。

ロケーション:住宅街 
主要用途:一戸建て住宅 
構造規模:木造2階建て 
家族構成:夫婦・子供
敷地面積:222.65㎡(67.35坪)
建築面積:88.12㎡(26.65坪)
延床面積:120.63㎡(36.49坪)
写真:山田雄太

久我 義孝

ハース建築設計事務所
滋賀県
http://hearth-a.com/

「人と自然に寄り添う豊かな住まい」を目指して、シンプルかつ機能性の高い空間でありながら、光の陰影や空間の抜け感、五感で感じる豊かな空間を提案する。

<経歴>
1982年 滋賀県甲賀市生まれ
2006年 関西大学工学部建築学科卒業
2016年 建築設計事務所勤務を経てHEARTH ARCHITECTS 設立

お気に入り登録

関連記事

  1. 浜松H邸

  2. M House

  3. 鳴門の家

  4. 桜陰緑風の家

  5. White court

  6. 3530plus

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県