西原の家-高床の平屋-

お気に入り登録

作品紹介

旧集落からおかを登り、農地が広がる地域の平屋
周囲の自然から守るように閉じた南面は、壁面高さが表情を創り
北東へと傾斜して床高となった建物は、多彩なコンクリート空間を重ねながら
平屋として稀有な開けた風景を創出する。

構造:壁式鉄筋コンクリート造 平屋建て
敷地面積:404.64㎡(123.01坪)
建築面積:119.80㎡(36.24坪)
延床面積:90.41㎡(27.35坪)
ロケーション:田園

佐久原 好光

アーキデザインワークス一級建築士事務所
沖縄県
http://www.archi-dw.com/

建築主の住まいに対する理想や家族のライフスタイルを大事にし、シンプルでシャープなデザインの中に、その土地の風土を生かした四季折々の陰影ある光と心地良い風が感じられる豊かな空間、そしてそこに住まわれる家族の笑顔が育まれるような住宅設計を心掛けています。

お気に入り登録

関連記事

  1. 松栄の家

  2. 蒲郡の店舗併用住宅

  3. 松波の家♯2

  4. 湯布高原のVILLA

  5. ミッドセンチュリーテイスト成城の住まい -居間がテラスと一体化して広がる-

  6. 板の家

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県