川の音を感じながら家具が映える平屋

お気に入り登録

作品紹介

設計のはじまりは、家具好きでご自身でも家具のコレクションがある施主の「家具が映え、時と共にうつりかわる空間に住みたい」というお話からだった。
敷地は大阪府河内長野市の中部に位置し、紀泉の山から流れる天見川に接する大通りから少し離れた閑静な住宅地に立地する。
この計画で行ったことは、家具が映える空間にすることはもちろん、そんな敷地と川の関係に対して、単純に川に対してオープンな空間をつくることではなく、川の感じ方を捉え直すような工夫であった。
全体構成は、ファサードは道路からのプライバシーに配慮し閉じたかたちとし、室内では自然に川方向に意識が向かうようなレイアウトとした。また「休日ギャラリーとして、自分の家具を色々な人に見てもらいたい」との施主からの要望から、ギャラリーとしても演出できるよう川と平行に水平方向に伸びるプロポーションを意識した。エントランスを入ると、家具を配するリビング、ダイニング、そこから続くウッドデッキテラスと庭があり、さらに奥にキッチンや収納などをまとめたユーティリティースペース、寝室を設けた。
生活で必要なものはユーティリティースペースに納められているため、リビングはシンプルで無駄がない、家具が主役の空間である。また全体的に勾配天井が川方向に向かって高くなることにより川と空、庭に対して広がりをもつ空間を演出している。
また川に接する半外部空間のウッドデッキは、一般的なイメージより少し高く(地盤面から約1mの高さに)設定したことによりそこが仮想の地面に見え、リビングは半地下のような安定感がある落ち着きが生まれる。そこからは川を直接見るのではなく、庭の植栽や空に向かって視線が流れ山の稜線を見ながら、川からの風や川の流れる音が聞こえその存在を感じることができる。
ウッドデッキテラスとしては少し高さがある為、川べりではなくても川の水面が見え、その存在を感じながら家族や友人が集う場所となり、川の舞台であり人の舞台となる。
またウッドデッキの下部をストレージ空間として、施主がお持ちの家具のコレクションが収納できるようになっているため、時々の気分に合わせて家具をリビングで使うことができる。
構造についてはウッドデッキに架かる屋根は、主に垂木と間柱で構成することにより、木造だが柱のない大スパンとする計画とし、リビングからの風景をすっきりと切り取った。
建物全体にミニマルなイメージやライン等のバランスを整え、シンプルながらも一つ一つ丁寧に作り込んだ。そこには〝その時々の気分の家具〟が季節や時間によってうつりかわる柔らかく穏やかな光と、静かに聞こえる川の音に包み込まれるような空間がひろがっている。
暮らしの中にゆるやかに川の気配を取り入れることで、日々のささやかな変化を感じながら、お気に入りの家具と共に豊かな生活が育まれていくことを願う。

家族構成:ご夫婦+お子様3人
構造規模:木造平屋建て
家族構成:ご夫婦+お子様2人
構造規模:木造平屋建て
建築面積:72.07㎡
一階床面積:65.43㎡
延床面積:65.43㎡
工事期間:2018年11月〜2019年7月
基本設計・実施設計・現場監理:arbol
実施設計:FLAME
構造設計:一級建築士事務所ステラジアン
照明設計:高橋真之(mtds)+ 株式会社モデュレックス
施工:株式会社創建
造園:荻野寿也景観設計
写真:下村康典

堤 庸策

arbol
大阪府
https://www.arbol-design.com/

自然素材を生かした注文住宅からリノベーション、店舗の設計をはじめ、ミニマリストのための日用品、生きる知恵や思想まで、シンプルモダンで心地よい暮らしをトータルで提案。
地球と人の本質的な豊かさを探求した、デザインやプランニングを行っています。
オンラインを活用し、国内外問わず対応いたします。

お気に入り登録

関連記事

  1. 焼杉の家

  2. コーギロッジ

  3. 静かに佇む家

  4. 桂坂の家

  5. 夙川の家

  6. BASESS 鹿児島県

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県