階段の家

お気に入り登録

作品詳細

国道部分の拡幅に伴う事務所併用住宅の建て替えである。
1階はオーナーの事務所と駐車場、2・3階が住居。北側を走る国道以外、三方向は採光・眺望が期待できない狭小敷地であるため、各居室に対し居住性をどう確保するかがテーマとなった。
まず、北側の国道に面し大きな開口部を配し、バッファーゾーンとしての階段を通して、2階居室への柔らかい採光と眺望を求めた。
次に、3階は南側バルコニーで外部空間を取り込み、そこから居室への採光を確保した。2階リビング・ダイニングはバッファーゾーンとしての階段を挟んで北側国道に開放されている。2階寝室は階段と更に障子を挟んで国道に面し、3階寝室は国道に背を向けている。各居室のプライバシーの求められ方に合わせて国道との関係を規定している。
既存の街並みの中で、建築を直方体という純粋な幾何学形態にすることにより、違和感のない存在感を与えることができると考えた。更に、直方体を強調するために、外観を白にし、それに合わせ内部も白を基調とした。

用途:事務所併用住宅
家族構成:夫婦+子供3人
場所:千葉県市川市
敷地面積:62.08㎡(18.74坪)
建築面積:49.63㎡(14.98坪)
延べ床面積:138.95㎡(41.95坪)
構造:木造
階数:地上3階建
竣工年:2006
写真撮影:上田 宏
※建築webコンペ040315最優秀賞・実施

古里 正

株式会社古里設計
千葉県
https://www.frst.co.jp/

ご家族それぞれの日常や将来に関して、しっかりとお話しを伺った上で、ご要望にフィットする世界でただ一つの家を創ります。

<経歴>
1959 函館生まれ
1983 関東学院大学建築学科 卒業
1985 関東学院大学大学院修士課程  修了
1985-90 エンドウプランニング
1985 象設計集団 出向/日本都市計画学会賞受賞プロジェクトに参画
1990-1996 (株)梓設計
1997 有限会社古里設計一級建築士事務所 設立
2021 株式会社古里設計に商号変更
<受賞歴>
1981  学内コンペ第1席
1983  卒業制作第2席
1998  第4回札幌国際デザイン賞 入選
2004  建築webコンペ040315最優秀賞
2005  第11回千葉県建築文化奨励賞
2005  平成17年度日事連建築賞奨励賞
2006  (一社)千葉県建築士会 功労賞
2017  平成28年度建築士会関東甲信越ブロック賞
2021 (公社)千葉県建築士事務所協会 功労賞


お気に入り登録

関連記事

  1. 都市住宅

  2. Courts House

  3. 光を抱く家

  4. 土支田О邸

  5. けいはんなの住まい

  6. 庭の家

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県