gap 愛知県

お気に入り登録

 

約40年前に山の地形を活かして区画整理が行われた閑静な住宅街での新築計画。
建築協定等により30cm以上の切土及び盛土を禁止する地域であった為、道路面から敷地奥まで約6mの高低差を活かした計画が法令上求められる中、クライアントからはプライバシーが守られた、日常生活を忘れられる空間をご要望された。
敷地の計画高さを道路及び駐車場のレベル、1階LDKのメインフロアレベル、スキップフロアによる1.5階のサブフロアレベルという3段階に分けて、高低差を活かし、プライバシーを確保できるように計画した。この地域全体が緑豊かな街並みのため、散歩を楽しむ人などからの視線に配慮し、LDKのメインフロアまで約2.5mの高低差を計画する事で、LDKの大開口から道路面や歩行者、自動車等が見えず、四季を彩る森林の借景のみを切り取るように計画。ワンフロアとなるLDKは、階段の存在によりリビング空間とダイニングキッチン空間を緩やかに区切り、それぞれに居場所をつくる計画とした。高低差のある南側ではなく東側に庭の要素を持たせた屋外テラスをつくり、メインフロアと床レベルを合わせながら壁面緑化をする事で、隣地からの視線を遮断し、室内と屋外を曖昧に繋げた。
LDKと1.5階部分は構造上1階となる為、1.5階を基準に梁高をあわせた木造軸組工法とすることで、LDKの天井高を3.8mまで上げて大空間としている。
2階から1.5階に下り、そこからメインフロアに下りる階段は各居室のプライベート空間から人が集まるパブリック空間へのアプローチになる為、ここを気持ちの切り替えをする「境界線」として位置付け、視覚的にくぐるイメージを与える為にゲート状のデザインにしながら塗り壁でテクスチャーを付けて強調させた。
敷地の高低差を活かした四季を楽しむ借景とプライバシーの守られた空間により日常を忘れさせる別荘地のような非日常空間を住宅街で実現させた。

所在地   :愛知県
用途    :専用住宅
クライアント:個人
構造    :木造
工事種別  :新築
規模    :2階建
敷地面積  :263.47㎡
建築面積  :109.63㎡
延床面積  :166.88㎡

石本 輝旭

CURIOUS design workers
愛知県
HP:https://www.ismhome.jp/

インテリアデザインにこだわる建築設計事務所
表現するのは「空気感をデザインすること」
その人にしかない個性、そこにしかない雰囲気、人や土地の個性を抽出して他にはないその人だけの空気感をデザインしていきます。
コンセプトメイキングから一緒に構築し、建築とインテリアを融合させながらデザインすることで、ダイナミックでありながら繊細な建築を実現し、他にはないオリジナルを表現していくこと、これがC.D.WORKERSの仕事です。

お気に入り登録

関連記事

  1. 内外内 東京都

  2. 村上邸

  3. house M 鹿児島県

  4. 混構造の家

  5. TG-HOUSE/車好きオーナーのカッコいい家 愛知県

  6. アトリエのあるすまい 神奈川県

  1. ミキハウス 神奈川県

  2. 緑彩の平屋 福井県

  3. 薪ストーブのある家

  4. ダブルハウス 秋田県

  5. UMY 神奈川県