河口湖の別荘/Breeze of Mt. Fuji 山梨県

お気に入り登録

 

作品詳細

施主が幼いころから慣れ親しんだ別荘の建て替えプロジェクト。「できるだけ多くの部屋から富士山を眺めることができること」、「通風の良い家とすること」が施主からの要望でした。「この絶景という言葉でもまだ足らない見事な富士山と湖の眺めを、一体どう生かしていったらよいのだろう」と検討に検討を重ねました。
またその眺めだけに頼るのではなく、居住空間としての快適さを、風向計測機などの機材を用いて気候データを継続的に取得し、科学的に検証したうえで設計プロセスに取り入れることをこころみました。スタディの結果、コの字型の平面計画を採用することにより、各居室から富士山への眺望を確保しました。夏期は、河口湖の水盤上部で気化熱を奪われたそよ風を受け止め、冬期は、北側背後の山から吹き下ろす風から中庭を守る形態としました。夏期2か月間に渡り風速計で風速風光のログをとり、微気候を精査した上で、CFDシミュレーションを行いました。
そして、「別荘ならではの建築とはなんだろう」と考えたときに、「普段の住まいではやらない・できないことをやるべき」と考えました。日常生活に対しての非日常は、気分転換にはとても重要です。都心にお住まいのオーナーが、週末や休みを過ごす別荘とは、自然に囲まれてリラックスし、日々の緊張を解く場だとすると、その自然をじゅうぶんに享受できるような空間を作って差し上げたいと思いました。また建築的には、非日常を5m弱の天井高を持つヴォールト天井というかたちで表現しました。
暖房設備として長期滞在用の躯体蓄熱式温水床暖房を基本としつつ、短期滞在用のガスファンヒーターを併設しました。リビングの薪ストーブは、視覚的にも体感的にも、人を惹きつけあたためます。
NHK美の壺スペシャル「日本の避暑地」にて取り上げられました
The American Architecture Prize 2017 Honorable Mention
アメリカンアーキテクチャープライズ2017 奨励賞受賞。

小笠原 正豊

小笠原正豊建築設計事務所
東京都
HP:https://masatoyo.com/

小笠原正豊建築設計事務所代表。東京電機大学未来科学部建築学科准教授。博士(工学)。米国NY州登録建築家。一級建築士。
米国ハーバード大学デザイン大学院で培った建築設計観と、ニューヨークの建築事務所勤務経験で鍛えた、素材を活かした上質なデザインを提供しています。
住宅から美術館まで、どのような規模・種類・国の建築にも対応いたします。海外経験を基に、国内外の幅広い選択肢の中から最適なご提案をいたします。
どんなプロジェクトでも最初の第一歩があります。リラックスした雰囲気のもと、お話をくわしく伺いながら何ができるのかを一緒に考えていく作業をいつも心待ちにしています。

お気に入り登録

関連記事

  1. obi house

  2. 西片の家

  3. 宮崎町の家

  4. 大江の家

  5. 老津の家

  6. 大宮の家 埼玉県

  1. 善応寺の家 愛媛県

  2. 鶯の家 兵庫県

  3. 朝比奈山荘 神奈川県

  4. バイクガレージのある暮らし 兵庫県

  5. ハナミズキ通りの家 埼玉県