福釜の家

お気に入り登録

作品詳細

間口8m、奥行27mという通称「ウナギの寝床」と呼ばれる敷地形状ですが、旗竿部分を介した敷地奥に住まわれているのが住まい手の親族ということで、旗竿部分も有効利用させていただくことによりこのプランは生まれました。
通常は使えない敷地奥に住まい手用のパーキングを配置。パーキング部分は天井が低くてもよいので、他の生活空間とパーキング上部の空間をスキップフロアでつなげることで空間を無駄なく利用しています。
道路側には奥様からの要望であった「陶芸教室」を行える店舗スペースを設け街に開いています。店舗部分のアプローチと共用となる路地を通って、中庭から玄関へのアクセスとなります。
通常中庭に植える量の3倍近い樹木を植え込み、町場に小さな森をつくりだしました。
大らかな大屋根に守られた緑豊かな中庭を持つセミコートハウスです。

施工:株式会社中島工務店 /撮影: 神谷建築スタジオ

神谷義彦

神谷建築スタジオ
愛知県
https://www.kamiyastudio.com/

自然素材をつかい、日本の山の木をつかい、自然のエネルギーをつかってそしてちょっとだけ設備にお手伝いしてもらう。
やせ我慢の快適ではなく、メカメカの快適でもない。
程よい塩梅で整えた「おおらかな」木の住まいを、「しっかりとした」裏付けのもとに提案させていただきます。

お気に入り登録

関連記事

  1. 桂坂の家

  2. 金柑の実る住まい(新検見川の家)

  3. 駒新町の家

  4. Hieda-no-ie

  5. 土間の家

  6. グランピング感を楽しむ平屋

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県