恩方の家

お気に入り登録

作品詳細

この家は別名「曖昧な家」とも名付けられています。内と外との境が曖昧だったり、斜めの壁を配することで部屋と部屋のつながりが有機的になる。真ん中の大きな吹抜けを介して全ての空間が曖昧に繋がっているのですが、そのことで家の中にたくさんの景色が生まれ、とても豊かな空間となっています。

池辺潤一

studio-ikb+建築設計事務所
神奈川県
HP:http://www.studio-ikb.com/

神奈川県の北のはずれ、相模湖を擁する里山にて設計事務所をしています。 自然素材、地域産材を活かし、自然の営みにふさわしい「人の住処」をつくりたいと思っています。より美しく、使い勝手よく、健やかに暮らせるように。そしてそこでの暮らしがあることで、環境や社会に良い影響が与えられるようなデザインをしていきたいと思っています。

お気に入り登録

関連記事

  1. 大屋根の家

  2. からまつの森の山荘

  3. 高松のガレージハウス

  4. 竹城台のコートハウス

  5. 桂坂の家

  6. 風景と暮らす池畔の家

  1. バイパスの湾処 愛知県

  2. 日立の家 茨城県

  3. 季節を見下ろす家 東京都

  4. 上高野の家 京都府

  5. 光と緑があふれる事務所併用住宅 広島県