灯の家

お気に入り登録

作品詳細

計画敷地は道路面から1mほど高く、いつかはご両親と一緒住むという将来計画のため、玄関までのアプローチを長く取ってスロープにすることを設計の第一歩としています。ご主人は、実は和モダンの平屋が理想だったとの事。ただし面積・コストを総合的に話し合い、【平屋にも見える小さな家】をコンセプトとしています。また、ご主人の小さな書斎と、対面キッチンからすぐ見えるところにお子様のリビング学習が出来るカウンター机が欲しいとの希望がありました。そこで、ご主人とお子様の場所だけでなく、奥様のための家事テーブルを家事動線の中央に配置。『お父さんテーブル』『お母さんテーブル』『子供テーブル』が揃ったわけです。
外観の特徴は、平屋にも見える低く設定した大屋根と、南側に深い軒のあるウッドデッキ、そして玄関前の屋根のあるフリースペースです。特にフリースペースは風通し良く、更に多目的流しも設けてあり、日曜大工作業も、BBQも、真夏には子供のために家庭用のプールを置くなどにも、とても便利な空間です。内部は、抜群の調湿効果と空気清浄効果そしてニオイを消臭する効果が高いシラス壁を多く使い、そして室内、特に足元に気持ちの良い風が流れるように要所に地窓を配置しています。

機械式空調を多く使わずとも、いつもとても清々しい空気感です。また冬は、1階の床下全体を一般の壁掛けエアコンで『床下空調』することにより、各部屋の温度差を無くしてヒートショックの少ない家になっています。 他にも、小さな家を広々と感じる工夫、機械式空調をあまり使わなくても涼しく、暖かい工夫が満載です。いろいろな所に『居場所』があり、皆がお互いの存在を確認しながらも、各々の居場所で自分の時間を楽しめる。そんな小さなお家です。

広さ;延床面積・・・1階68.07㎡+2階38.72㎡= 106.79㎡(32.30坪)
ロケーション;住宅地
部屋数;LDK+和室+寝室+子供室= 4室

斉藤和人

アグラ設計室
三重県
URL;https://agra-designroom.com

三重県伊勢市生まれ。大学在学中に一年間シアトルに留学(遊学?)し、以降、大学卒業までにアルバイトをしてはアメリカ・カナダ・アラスカ等にて大型バイク・アメ車での大きな冒険旅行を繰り返し、世界の大きさと自然の偉大さを知る。卒業後は、清水建設株式会社に入社。都内で大型事業用物件の現場管理者として就業し、S造・RC造・SRC造の施工監理と、毎日数百人という作業員管理等、現実の建築界の幅の広い経験を持つ。その後、念願の住宅建築修行のため単身スペイン・アンダルシアに渡り、マラガ、カディスという街で住民として生活。この時期に現在のアグラ設計室の基盤といえる設計術・設計思想を培う。帰国後、小倉市の㈱豊川建築研究所(丹下健三系設計事務所)に入所し、戸建住宅や店舗などの設計監理業務を担当。その後は、集合住宅の設計監理や開発などの申請業務を経験。2007年『アグラ設計室一級建築士事務所』を設立。スペイン生活で感じた生きる事・暮らすことの楽しさと、また海外で生活をしたからこそ改めて感じる【和】の良さ・木造の心地良さを突き詰め、日本人に合った【木造の和モダン住宅】を、ちょっぴりスペインテイストを入れて提案している。趣味は、薪ストーブ。毎冬チェーンソーを担いで山に伐採に入るところから、このナチュラルな暖房器具を楽しんでいる・・・。

お気に入り登録

関連記事

  1. 前橋の家

  2. 鳥飼モデルハウス

  3. S.HOUSE

  4. VemeerRay

  5. 平山の家

  6. 田井の家