緑ヶ丘のコートハウス 東京都

お気に入り登録

 

作品詳細

敷地は小高い丘の上にあり、間口に対して奥行きが約3倍というかなり東西に細長い形状の敷地である。
南側には既に住宅が接近して建設中だった。そこで中心部に大きなガラスの箱を挿入してプライバシーを確保しながら、建物全体に光と風が行き渡るように 、そして豊かな自然の移ろいが壁面や床に美しい映像として投影される仕掛けになっている。
ガラスの箱は南側に大きな電動のガラスルーバーを設けて半戸外的な空間としている。ガラスの箱を取り囲むようにプレイルーム、ダイニング、リビングを配置した。細長いプランであるため二カ所に階段を設け、行き止まりのない連続性のある動線を確保している。
キッチンの床にあるハッチを開けると地下に設けた広い食品庫に行くことが出来、このハッチは車庫へ通ずる非常口にもなっている。
敷地が道路より約70センチ高いことと、敷地の長さを利用して長いスロープを設けることで、比較的楽に地下車庫に車が入って行ける様になっている。
二階の東側に子供室西側に主寝室を設け、空中廊下で繋げて明確に分離しているが、間に挿入したガラスの箱が両方の空間を曖昧に、しかし程良距離感をつくりだしている。主寝室前のバルコニーを上ると、見晴らしの良いルーフテラスと屋上庭園に出る。
時の経過を日々刻みながら、美しくかつ重厚に変化していくように、 外壁に表情豊かなセブ島産のライムストーンを優秀な石職人の手で一個ずつ丁寧に積みあげていった。同じように、この変化に溢れた空間の中で、 成長期にある三人の子供達は豊かな感性を育みながら素晴らしい大人に成長してくれると思う。

所在地  :東京都目黒区緑が丘
施工   :長谷部建設
敷地面積 :259.87㎡
建築面積 :159.79㎡
地階床面積:120.15㎡
1階床面積158.39㎡
2階床面積:95.17㎡
延べ床面積:373.71㎡
構造・規模:RC造・地下1階地上2階建

藤吉 秀樹

株式会社藤吉秀樹建築計画事務所
東京都
HP:https://fujiyoshi-archi.co.jp/

住宅建築はいつの時代も、人々の豊かな生活を具現化する役割を果たしてきました。今後はコロナ禍によってニューノーマル時代を迎え、私たちは住まいの新しいスタイルを構築していくことになるでしょう。人が集う時間のあり方、パーソナルな空間のあり方、内と外のつながりのあり方。そういった課題に建築家としてどう応えていくか。私の挑戦は続いていきます。

          

 

お気に入り登録

関連記事

  1. KO-H 宮崎県

  2. 川の音を感じながら家具が映える平屋

  3. 階段の家

  4. 田井の家

  5. 通り土間のある家

  6. 混構造の家

  1. 旭区の家 神奈川県

  2. Isecho NEST 神奈川県

  3. 軽井沢Hさんの家 群馬県

  4. 宮の沢の家 北海道

  5. 森の素形 北海道