四街道の住宅 / House in Yotsukaido 千葉県

お気に入り登録

 

作品詳細

施主は夫婦2人とその母の3人家族。来年から家にいる時間が増えるタイミングで改修を行うことになった。
子供達はみな家を出た後、3人では広すぎるこの家を大きく使いきるような計画とした。まずは、2階壁を壊し元々ある吹抜けと繋げ、リビングの一部に小上がりを設け、天井を下げた。階段への動線も短くすることで二階へ登りやすくし、心理的な距離を縮める。
離れた空間同士を接着させるように散りばめられたものたち ― カーテン、ロングソファー、同寸の木の柱・梁・手すり、グレーに塗られた部位、リビングのR天井 ― 単体では取るに足らない存在を複合的に整理することで、空間を適度に繋げる。
同じような色合いで統一しているカーテンも、縫製や素材を変え、場所ごとに振る舞いを変える。また、内部の壁や天井は白を基調とし、カーテンやカーペットによって窓や室内からの光を拡散・彩色させ、天気や時間の移ろいの感度を上げる。
最小限の操作で最大限の効果を得られるように整理していくことで、既存の住宅にある垢のようなものを残して改修を行うことができた。

The client of this project is a family of three, a couple, and their mother. They decided to renovate the house as they expect to spend more time at home from next year.
The plan is concentrated to use the space as a whole, which was too large for three people, as all their children had already left home. First of all, we broke the wall on the second floor to connect it to the existing void. And we partially lowered the ceiling of the living room at the same time, we created a small rise to emphasize this cozy space. We also shortened the flow line to the staircase to make it easier to go upstairs and reduce the psychological distance.
We try to gather “architectural things” that are scattered to glue the separated spaces together―curtains, long sofas, systemized wooden pillars, beams, handrails, space colored in gray, ceiling line that draws curve―although each of their existence is insignificant by themselves, however, they connect the spaces appropriately by organizing with each other and making sort of combination.
Even the curtains, which are uniformly colored in similar shades, are sewn and made of different materials to change their presence from place to place. The light from the windows and rooms is diffused in every direction with its colored shade by the presence of these fabrics. Walls and ceilings are based on white to emphasize this effect, increasing the sensitivity of the change of weather and time.
We were able to carry out this renovation work while preserving the innards of the existing house and achieving maximum effect with minimum manipulation.

計画種別:改修
用途         :住宅
構造         :木造
規模         :地上2階
計画期間       :2021年7月~2021年9月
計画地        :千葉県四街道市
設計         :tokudaction 徳田直之
施工         :株式会社 稲垣泰ゴロー
カーテン・ソファー製作:Nuu
写真         :小松正樹

Plan type       :Renovation
Usage         :Private House
Structure       :Wood
Number of stories   :2 floors above ground
Date         :August 2021~September2021
Location        :Yotsukaido-shi, Chiba prefecture, Japan
Architects       :Naoyuki Tokuda / tokudaction
Structure       :YASUGORO INAGAKI Inc.
Curtain / sofa production:Nuu
Photo         :Masaki Komatsu

徳田 直之

tokudaction トクダクション一級建築士事務所
千葉県
HP:https://www.tokudaction.com

tokudaction(トクダクション一級建築士事務所)は千葉県我孫子市を拠点に徳田直之(とくだ なおゆき)が主宰する建築設計事務所です。環境がもつ力を最大限に引き出し、その環境と利用する人々が良い関係を持てる空間を目指しています。関東地区を中心に国内外問わず、公共施設から住宅まで幅広いプロジェクトに取り組んでいます。

お気に入り登録

関連記事

  1. 心地よい場所

  2. S HOUSE

  3. 大泉寺の家

  4. 石岡のLDK、そしてはなれ 茨城県

  5. つながりの家 広島県

  6. 軽井沢Fさんの家 群馬県

  1. 善応寺の家 愛媛県

  2. 鶯の家 兵庫県

  3. 朝比奈山荘 神奈川県

  4. バイクガレージのある暮らし 兵庫県

  5. ハナミズキ通りの家 埼玉県