彦名の家 鳥取県

お気に入り登録

 

作品詳細

キッチンを建物の中心(構造上の重心位置でもあります)に据えて、そこから放射状に各室が繋がる平面・空間構成の住宅です。吹抜を設けた場合、春から秋には、「暖められた空気は、軽くなって上昇する」 特性を利用して、室内上部に溜まった熱気を吹抜経由で室外に追い出す(逆に1階は、室外からの空気を室内に招き入れる、つまり、風を呼び込める)利点があるのですが、その反面、冬には室内で暖められた空気が上昇することで、1階足元の 「底冷え」 の原因のひとつにもなり得ます。本計画では、冬場、薪ストーブで暖められた室温が上下階で均一になるように、吹抜上部にシーリングファンを設け、上昇する暖気を一階へ吹き戻し、加えて2階上部から1階床下へ通ずるダクト(に、カウンターアローファンを組み合わせたユニット)を設置して、1階へ吹き戻し切れなかった2階暖気を床下へ吹き込み、「空気式の床暖房システム」を構成しています。当初、動線を明確に分離する意図で、通用口の先に手洗室を設けたのですが、図らずも現在求められる防疫に沿ったものとなったこの配置は、今後も引き続き留意すべきであろうと考えています。

渡邉 浩二

渡辺浩二設計室
鳥取県
HP:https://navecozy.com

分離発注の家づくり 自分らしい暮らしを建築家のワン・ストップサポートで

〈経歴〉
1968年  鳥取県生まれ
1992年  関西学院大学 社会学部卒業
1998年  大阪工業技術専門学校 二部建築科卒業
2013年  渡辺浩二設計室設立

お気に入り登録

関連記事

  1. 縁日の家 茨城県

  2. 開田高原の家 長野県

  3. small change 愛知県

  4. 若久の家 福岡県

  5. 蒲郡本町の家

  6. uf-R 東京都

  1. grunハウス 埼玉県

  2. 土橋町の住宅 愛知県

  3. 那須高原 森の中の住宅 栃木県

  4. House H 2021 神奈川県

  5. 東向島の長屋 東京都