牛窓の家

お気に入り登録

作品詳細

定年を機に関東から移住されたご夫婦二人暮らしの住宅。
温暖な気候と災害が少ないという点から岡山県の南西部、瀬戸内市牛窓町に決められた。
敷地は瀬戸内海にほど近い、町の分譲地。
ご夫婦は海外生活が長く、その土地土地で購入された家具や雑貨、絵画をたくさん持たれている。
余生を過ごす住まいの計画であるため、毎日が楽しく過ごせること(刺激がある)、たくさんの家具や絵画を飾れることを重点に置き設計をした。

またコストバランスも考え、出来る限りシンプルな形にし、コンパクトながらも大きなボリュームが出る空間となるよう検討を重ねた。
絵画を飾るために大きな壁面を斜めに設け、その先に三角形のスペースを付け足した。
切妻屋根の天井と斜めの壁、三角形平面のスペースにより、多面体のような空間となり、床面積では約十六帖程度のスペースが広々と感じられる。
開口部の位置や取り入れ方を工夫することで、空間に入ってくる光の変化を一日中楽しむことができる。
真っ白な空間であるが、家具や絵画を飾ることで生命力あふれる住宅となった。

屋根のある建築作品コンテスト2019 住宅部門 最優秀賞
木造/木造軸組み工法 平屋建て
延べ床面積:84.16㎡
設計:若原一貴(若原アトリエ)+藤原昌彦(バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所)
構造設計:長坂設計工舎 長坂健太郎 馬上友弘
設計期間:2016年6月~2018年5月
施工期間:2018年3月~2018年10月
写真:中村絵

藤原 昌彦

株式会社バウムスタイルアーキテクト
 岡山県
HP:https://www.baum-style.com

バウムスタイルアーキテクトでは、設計の意図を空間の細部にまで行き届かせるために、設計から施工まで一貫して手掛けています。耐震性や温熱環境(断熱性や気密性)はもはや当然のこととして行い、そのうえでコンセプトに基づいて設計施工をしています。

<プロフィール>
昭和50年2月27日生まれ。岡山県立倉敷天城高等学校卒業後、香川職業訓練短期大学校建築課程卒業。建設会社・工務店時代に、独学にて建築・デザインを学ぶ。平成23年4月より独立し、バウムスタイルアーキテクトを設立。屋根のある建築作品コンテスト2019 住宅部門 最優秀賞など受賞。趣味は建築散歩。

<受賞歴>
・屋根のある建築作品コンテスト2019 住宅部門 最優秀賞「牛窓の家」
・屋根のある建築作品コンテスト2019 住宅部門 優秀賞「南区の離れ」
・屋根のある建築作品コンテスト2019 アーキテクトビルダー部門 優秀賞「早島の家」
・パッシブデザインコンペ2016 審査委員長賞(横内賞)「二つ庭の家」
・岡山市景観まちづくり賞 建築物部門「小さな森に佇む住まい 菓乃葉」
・住宅デザイン学校 住宅設計コンペ 優秀賞(審査員 建築家:伊礼 智 佐藤重徳 若原一貴)

お気に入り登録

関連記事

  1. 三原久井の家

  2. 鳥飼モデルハウス

  3. 高梁の家

  4. S.HOUSE

  5. 木月の家

  6. 土間の家