ロールキャベツの家

お気に入り登録

作品詳細

「くの字の平屋」からインスパイアされた今作。作品名にあるロールキャベツとは“見た目(外観)は地味だが中身(内観)は濃い“という意味が込められています。
連続する化粧垂木がリズミカルに空間を紡ぎ内包感を演出しつつも、視界をパノラマにしてくれるくの字の利点を生かし、意識は自然と外へと向かいます。
作庭は4種の梅の木を中心に誂え、塀は設けずにより抜け感を意識。
内と外の曖昧な関係性こそがこの住まいの美味しいところと言えるでしょう。

飯田亮

株式会社COMODO建築工房
栃木県
HP:https://www.comodo-arc.jp

設計事務所のデザイン力と、工務店としての確かな施工力を併せ持つのがCOMODO建築のスタイルです。家は買うものではなく建てる行為であり、食う寝るだけにあらず、人が心地よく住まう居場所であると提唱します。そのためには身体だけでなく精神的にも安らげ、まるで普段着のように住まうほど馴染み、住み心地の本質を追求した住まいづくりをしております。断熱・気密・耐震性に関しては独自解を持って臨み、必要以上に性能の数値を上げ ても住宅建築の本質的な快適性には繋がらないと考えます。あくまで設計によって基盤を確立させ、 基準とする数値(Ua値0.45程度・C値 0.8程度)より不足分となる性能や耐震性を補填し、デザイン及びコストのバランスを整えます。「閉じれば性能、開けば心地よさ」 をモットーに、過度な性能追求によってデザ インをロスせず、日本にあるべき当たり前の住まいを見据えます。さらに住まい手やその土地の持つ風土の個性を活かす設計を得意とし、 予算と向き合いながらその家族にとって本当に必要なボリューム構成と、家と庭の一体感が実に気持ちの良い住空間を提供いたします。

1979年 山形県生まれ・栃木県育ち
2004年 二級建築士取得(登録番号 第7533号)
    トステム「TH大賞」準大賞・ナショナル「ココデリフォーム」大賞
2007年 住空間設計LIVESを設立
    二級建築士事務所(栃木県知事登録 B第4360号)
2009年 TOTO「リモデルスタイル」優秀賞・審査員奨励賞
2010年 TOTO「リモデルスタイル」審査員奨励賞
2012年 株式会社COMODO建築工房 設立
2013年 一級建築士取得(登録番号 第351614号)
    飯田亮建築設計室へ名称を変更
    第四回建築コンクール「おいしい建築」で『E家の住処』が中村好文賞受賞
2016年 日本エコハウス大賞2016 意匠部門賞受賞

お気に入り登録

関連記事

  1. 斜45°の家

  2. 高梁の家

  3. 朝月の家(あさづきのいえ)

  4. 前橋の家

  5. 鳥飼モデルハウス

  6. 風景と暮らす池畔の家

  1. house Yz

  2. 城南町の家

  3. 田井の家

  4. 裾野の家

  5. 曽根崎の家