i-house  群馬県

お気に入り登録

作品紹介

敷地は軽井沢の森のなかにあり、南北に長く、緩やかな傾斜がある。南向き2階建てプランにより、南側に深い庭をとる配置計画とし、東西両端を平屋、中央に2階という構成により、東西の隣地境界からの高さ制限1/2をクリアした。
1階はLDKやゲストルームなどのパブリックスペースに、2階は寝室や書斎といったプライベートスペースとして分離。2階をクローズすれば、自分たちが不在でもお子さんたちや親せきなどに1階部分を使ってもらうことができるからだ。書斎はリモートワークにも十分対応できる。
外観は自然に溶け込む板張りの外壁と軒の深いデザイン。インテリアは珪藻土などの自然素材を用いながら、シックな落ち着きのある囲気に。ビルトインの薪ストーブはガラス面も大きく、揺らめく火を愉しめる。

鈴木 宏幸

アトリエ137 一級建築士事務所
東京都
https://www.atelier137-archi.com/

住宅を設計するとき、「ひとつ屋根の下」的な感覚を大切にしています。
仕切られた部屋の集合体ではなく、大きなひとつの空間の中にいるような家・・よい住まいとは、そういうものではないかと思っています。

お気に入り登録

関連記事

  1. 木月の家

  2. ふたつ屋根の下

  3. T邸 石川県

  4. 豊田市の旗竿地の家

  5. 平山の家

  6. 板橋小茂根の家

  1. エレファントハウス 愛知県

  2. LOCAL HOUSE 06 大分県

  3. 止揚する家 新潟県

  4. 新森の住宅 大阪府

  5. 奄美大島の別荘 鹿児島県