ロケーション

作品No

家族構成

広さ

建築家

都道府県

取材記事

TT-FLAT 東京都

お気に入り登録

 

作品詳細

東京 板橋区に建つ共同住宅。
周辺は戸建住宅や中高層共同住宅等により市街化形成された住宅地。
1階の一部にテナント空間を設け、地下には駐車場を備えている。
敷地形状がL型で、かつ少々きつい勾配の斜面地。
更に4方が道路に面しており、ボリューム検討はもちろんの事、雨水の処理や各道路からの見え方など、設計においては様々な視点による細かい配慮を要し、構造設計としても難易度の高いものとなった。
こういった緒条件により、通常の共同住宅の様に同じ間取りが繰り返されるというパターンには当てはめる事はできず、全21戸ありながら10パターンの住プランを備えている。
外観デザインにおいては、四方の道路に面している事のほか、厳しい景観条例がしかれており単調になりすぎる危険性を孕んでいた。
その中で手摺などのディテールや各素材を工夫しつつ、アクセントとなる配色を取り入れる事でそれぞれの面で表情が異なりながらも、まとまりのある外観としている。
メイン道路側となる南面にはホワイト色の列柱を均等に配置することで、道路を通り過ぎながら、建物の表情が変わっていくことを意図した。建物周辺の植栽計画とあわせ、地域の景観形成に先導的な役割を果たすことを目指した。

場所:東京都板橋区
構造:RCラーメン構造
用途:共同住宅+テナント
竣工:2017年
竣工写真 撮影/北嶋俊治

岩瀬 行泰

岩瀬アトリエ建築設計事務所
埼玉県
HP:https://iwase-atelier.com/

本来、「建築」とは与えられた環境や敷地形状、クライアントの感性、ライフスタイルなどあらゆる要素の中から生まれてくるものであり、それゆえひとつとして同じスタイルの作品が存在するはずがないと考えます。「住宅」を例にした場合、そこに作り上げられる空間には快適性はもちろんのこと、光や風をいかに空間の中に取り入れ自然環境との共生をどう考えていくかをテーマに創りあげていきます。また、「アパートメント」や「オフィスビルディング」などの収益性を求められる場合には、優れたデザイン性により建物自体の資産価値を高め、高い収益性を長期にわたり安定して供給することを目的とし、作品を作り上げていきます。
「建築」にはそこに住まい生活する人の人生観を変えてしまうほどのエネルギーを持ちえると考えます。単なるモノづくりではなく、人と環境が調和し、時に風化しない普遍性を持ち、都市景観の創造に先導的な役割を果たす作品を一つ一つ丁寧に創りあげていく、「アトリエ」としての仕事にこだわり続けていきます。
私達は、皆様から設計料を頂いて設計活動を行います。「岩瀬アトリエ」では限られた予算の中で、より機能的で、かつ経済的な設計を行い、デザイン性のみならず使い勝手や品質等にこだわり、時間をかけた質の高い建築を目指しております。

お気に入り登録

関連記事

  1. 板橋の家 東京都

  2. R-ANNEX 埼玉県

  3. Yoyogi-AP 東京都

  4. E-ANENEX 埼玉県

  5. A1-FLAT 埼玉県

  6. 尾張旭の家 愛知県

  1. 香花園の家 兵庫県

  2. 豊中の家 大阪府

  3. 青海町の家Ⅱ 新潟県

  4. ワの家 静岡県

  5. はぐくむ家 静岡県