高梁の家

お気に入り登録

作品詳細

敷地は岡山県高梁市内、備中松山城の城下町の一角であり伝統的な街並みを残した通りからほど近い場所に位置している。
計画前に敷地を訪れると、高梁の街並みを彷彿とさせる立派な蔵や日本庭園、そして控えめな佇まいの平屋建ての住宅が残っていた。
クライアントは、この広い敷地を有効に利用し庭と密接につながる豊かな暮らしを望まれていた。
敷地の周辺環境課や状況、街並み・佇まい・要望を検討する中で、既存の小さな住宅を撤去し、敷地が持つ記憶を引き継ぐように、既存の蔵や庭木を最大限に保蔵・活用しながら、伝統ある街並みに馴染むようなたたずまいの平屋を考えた。 プランは、この敷地の記憶を引き継ぐように、以前あった門から玄関までのアプローチ導線をあまり変更しないようにし、主室(居間・食堂)や和室は本敷地を象徴する南東の立派な桜を眺められるように、建物の形状をT字型の平面計画とすることにした。

また、主居室からは庭を楽しめるように大開口を設けているが、あえて軒を深くすることにより、解放感と共に何かに包まれるような落ち着きと安心感のある空間となった。
そして、特徴的な形状のテラスは、T字型の平面を斜めに貫入するようにデッキを配置することで、居間、食堂、洗濯室、勝手口からてらすに出ることができ、
庭や桜を楽しむ場、七輪でちょっとした焼き物やバーベキューをする場、洗濯物を干す場など、それぞれの庭と居室の関係を繋ぐ場所となった。
建物外観は、切妻の瓦屋根とし、その勾配・形状は既存の蔵を実測し同勾配とすることで融和を図った。
外壁材には中国地方で古くから使用されている焼杉板を張り、蔵のしっくいと色の対比をさせることで、景観の一部となることを目指した。 内外年月が経過する中で、素材の経年変化を楽しみこの端正な佇まいの住宅が高梁の街並みに溶け込み、この街らしい風景の一助となることを願う。

藤原 昌彦

株式会社バウムスタイルアーキテクト
岡山県
HP:https://www.baum-style.com

バウムスタイルアーキテクトでは、設計の意図を空間の細部にまで行き届かせるために、設計から施工まで一貫して手掛けています。耐震性や温熱環境(断熱性や気密性)はもはや当然のこととして行い、そのうえでコンセプトに基づいて設計施工をしています。

<プロフィール>
昭和50年2月27日生まれ。岡山県立倉敷天城高等学校卒業後、香川職業訓練短期大学校建築課程卒業。建設会社・工務店時代に、独学にて建築・デザインを学ぶ。平成23年4月より独立し、バウムスタイルアーキテクトを設立。屋根のある建築作品コンテスト2019 住宅部門 最優秀賞など受賞。趣味は建築散歩。
<受賞歴>
・屋根のある建築作品コンテスト2019 住宅部門 最優秀賞「牛窓の家」
・屋根のある建築作品コンテスト2019 住宅部門 優秀賞「南区の離れ」
・屋根のある建築作品コンテスト2019 アーキテクトビルダー部門 優秀賞「早島の家」
・パッシブデザインコンペ2016 審査委員長賞(横内賞)「二つ庭の家」
・岡山市景観まちづくり賞 建築物部門「小さな森に佇む住まい 菓乃葉」
・住宅デザイン学校 住宅設計コンペ 優秀賞(審査員 建築家:伊礼 智 佐藤重徳 若原一貴)

お気に入り登録

関連記事

  1. 空気科学住宅

  2. lovecoffee

  3. 蒲生の家

  4. 諫早の家

  5. 静かに佇む家

  6. 関の家