川南の家 宮崎県

お気に入り登録

 

作品詳細

敷地は川南町の田園地帯、北西方向に望める尾鈴山系の裾野まで畑が広がっています。敷地面積は157坪、外部空間を考慮しても十分の広さがあります。建物は大地にしっかりと根をおろした平家となりました。
配置計画にあたっては、道路との関係で北側に進入路を整備し、玄関アプローチ・駐車場・駐輪場を整備しました。南側に広い芝生の庭を確保し、日当たりの良い所に菜園を予定されています。東隣地には2階建住宅がありますので、東側に駐車場、外部物置等を配置し隣家との距離を確保しました。
平面計画にあたっては、生活のメインとなる居間・食堂・台所を一つの空間とし、和室と共に陽当たりの良い南側としました。和室は居間と1間半の巾でつながっており、建具を壁内へ引込むと居間と同じ空間となります、また床を一段高くすることで、畳に腰掛けることのできる場所としました。
食堂には作り付けテーブル(巾=900・長さ=2100)を台所流しと一直線上に設置しました。片側に3人がゆったりと座れる大きさです。テーブル西側にはカウンター収納を食堂から台所まで4間(長さ=7160・巾=450)の大きさで設置し、台所用品だけでなく、オーディオ機器、ファクス電話、家庭常備薬、電話帳、各種ファイル等が収納できます。台所部分には各種用品と合わせてゴミ収納の専用スペースを準備しました。
台所の北側出入口からは、玄関ホール、寝室、そして水廻りへと行き来ができます。寝室との間の通路は、両側にクローゼットを5カ所(1カ所の長さ=900・奥行き=550・高さ=2000)設置しました。西側には洗面脱衣を設置し、北側に浴室、南側に勝手口を兼ねた洗濯物干場を設置しています。土ボコリの混じった季節風、地域特有の香り、そして何より天気を気にせずに干せる場所は日常生活にゆとりを与えてくれます。防犯性を考慮した開放窓、直射日光の調整ができるトップライトも設置しています。
NAさんとは5年前の住宅見学会の時にはじめてお会いし、その後機会あるごとに私の関わった住宅を見ていただきました。住まい方に関する考え方、自然な木材・材料の使い方等、十分に理解していただき計画をスタートできたと思っています。計画から設計、施工とそれぞれの段階でもご家族の日常生活を確認しながら、住まいづくりを進めることができました。2011年のクリスマス前に引越をされました、2012年から新居での日常生活が豊かな日々であることを願っています。

柴 睦巳

柴設計
宮崎県
HP: https://sites.google.com/site/chaisheji/home

宮崎県内を中心に自然乾燥木材を使った住まいを建築主ご家族と一緒に作っています。

 

お気に入り登録

関連記事

  1. 心地よい場所

  2. 市川T邸 千葉県

  3. 田園調布の家 東京都

  4. 多摩川の家 東京都

  5. 福釜の家

  6. Ue house

  1. ミキハウス 神奈川県

  2. 緑彩の平屋 福井県

  3. 薪ストーブのある家

  4. ダブルハウス 秋田県

  5. UMY 神奈川県