宗像の家 福岡県

お気に入り登録

 

作品詳細

建築主Bさんとの出会いは、知り合いの設計事務所のN氏からの電話で始まりました、「現在,横浜在住の方で、福岡県に家を建てたいと、相談を受けているが、相談に乗ってやってはくれないか」という大変ありがたいお話をいただきました。そして2010年2月にはBさんから直接メールをいただきました。ご主人の定年退職を機に奥さんの実家の家を建替えたいというものでした。すでに大手メーカーハウス.地元の住宅産業に相談をされていたようですが、懇意にされていたNさんに相談されたところ、私に声をかけてみるとのことだったようです。
敷地は宗像市の古い団地内で奥さんの生家、増築を重ねた2階建の住宅があり、庭には大切に育てられた樹木、いたるところに思い出の詰まった場所です。既存住宅の改装も考慮されたようですが、もともと丘陵地を造成した場所で地盤があまり良くなく、住宅はその影響で少し傾きがあり、地盤を含めての対応となると建替えを前提としなければなりませんでした。希望される家は「子供達はすでに自立しているので、二人の生活を大切にし、そして先代からの仏様を守っていきたい」とのお話でした。
はじめてご実家を訪ねたのが2010年の3月中旬でした。庭の梅の木に花がちらほらと咲き始めていました。居間の掃き出し部分に立ち,庭から道路そして東西の隣地に目をやると、一段上がった東隣にはたくさんの実を付けたみかんの木があり、また一段下がった西側のお宅には、早咲きのサクラに芽吹きが見られました。この時漠然と、日常の生活の中で自然と目に入る光景は、南側の庭と、西隣のお宅の庭にしようと思いました。丘陵地の団地特有の掘込み車庫は新たな擁壁に変え、駐車場は玄関アプローチとの兼ね合いの中で計画をしようと、土地形状より大方の敷地内のゾーンニングを考えました。
歴史ある団地内で際立った建物ではなく、以前からそこに存在していたかのような「住まい」になればとイメージしました。現在建物が完成し、これから植栽工事が始まります。以前あった思い出深い樹々は大切に移植されおり、もとあった場所に帰ることを楽しみにしているようです。家と庭がそろった時に再度訪れようと思っています。

柴 睦巳

柴設計
宮崎県
HP: https://sites.google.com/site/chaisheji/home

宮崎県内を中心に自然乾燥木材を使った住まいを建築主ご家族と一緒に作っています。

 

お気に入り登録

関連記事

  1. 大磯の家

  2. 瀬戸の家 愛知県

  3. 唐崎の家 京都府

  4. LOCAL HOUSE 06 大分県

  5. 白嶺町の家 石川県

  6. 竹城台のコートハウス

  1. エレファントハウス 愛知県

  2. LOCAL HOUSE 06 大分県

  3. 止揚する家 新潟県

  4. 新森の住宅 大阪府

  5. 奄美大島の別荘 鹿児島県