京丹後の民家 京都府

お気に入り登録

作品詳細

明治15年に建てられました京丹後の民家の改修です。
美しく保たれた外観と前栽とが凛とした佇まいを見せるこの住まいは、南面して玄関~和室~座敷が一列に並び、座敷の床脇には見事な細工の書院障子が建てこまれていました。
一方主要な生活部分である居間食堂台所そして寝室は北側の増築下屋に配され、当初土間であった部分に床を張って設けられた食堂台所と他の生活部分とは30cmもの段差があるものでした。冬の寒さや耐震性にも不安のある住まいの改善を図るべく、改修計画は始まりましたが、高齢のお母様と定年を迎えられたご夫婦は、これまでの長年の生活の作法習慣からの変貌を望まれず、動線・間取りなどはほぼ継承しつつ、改修の成果を見出していく作業となりました。
当初土間であった部分には太い差し鴨居や丸太梁が縦横に低く架け渡され、座敷と高さを揃えて床を張ることがかないません。格式高く保たれた二間続きのお座敷~和室には手を加えずそれらを上段の間とし、それ以外の日常の生活空間は防湿を施して設けた低い床のエリアとしてまとめることとしました。バリヤフリーとなった床に対して低い梁や天井を積極的に捉え、既存の高いあらわし天井などとの空間の変化や分節に活かしています。既存和室との大きな段差に対しては充分な間口と奥行きの段床を設けることによって、より自然で空間的なつながりを得ました。
居間と食堂との間には壁に収納される紙障子にて冬には暖房区画しています。両面に和紙を張ったその紙障子は断熱性と共に豊かな表情をもつくり出しています。
部屋の配置は変わらずとも、部屋と部屋とのつながり方の扱いによって、民家らしい大らかな繋がりの空間を取り戻しました。

木村 哲矢

木村哲矢建築計画事務所
大阪府
https://tetsuyakimura.jp/

■ 住まいは 身体の居場所や家財の置き場所にはとどまらず 心の場所でありたいと思います。言葉や数値で捉えられるものだけではない何か を住まいに込めていきたいと考えています。
■ 明るさとともに陰の心地よさを、広がりとともに狭さ・低さがもたらす落ち着きを活かした、奥行のある生活空間を考えてまいります。
■ 生活と、光と、風と、素材とが響きあう素直で正直な空間を提案します。
■ 時の経過とともに人も住まいも育っていく、そのような住まいを目指してまいります。

日本の風土気候に培われた住まいの知恵と趣きを活かしながら、同時に現代的な要素も素直に盛り込み、日々の生活に「ほっ」とする居心地と「はっ」とする新鮮な歓びを見出す“心が新しくなる住まい”をつくっていきたいと考えています。

<経歴>
1959年 愛知県生
1978年 愛知県立一宮高等学校卒業
1982年 京都大学工学部建築学科卒業
1982年-1989年 出江寛建築事務所
1990年-1994年 レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ・ジャパン
1994年-木村哲矢建築計画事務所


お気に入り登録

関連記事

  1. 吹抜空間に箱が浮く家 栃木県

  2. 松栄の家

  3. 兎谷の家 熊本県

  4. 縁日の家 茨城県

  5. 宗像の家 福岡県

  6. 目白台の家

  1. エレファントハウス 愛知県

  2. LOCAL HOUSE 06 大分県

  3. 止揚する家 新潟県

  4. 新森の住宅 大阪府

  5. 奄美大島の別荘 鹿児島県