鉤の手の立体交差 愛知県

お気に入り登録

 

作品詳細

見通せる、見通せない
愛知県みよし市の住宅街の角地に建つ、夫婦と子どもたちのための住宅である。前面道路は買物帰りの井戸端会議や子どもたちの遊び場として人通りのある生活道路、隣地は集合住宅の駐車場となっている。常に周囲に人々の存在や視線があるような環境の中で、周囲に対して内側に籠もってしまうのではなく、周辺環境と適度に繋がりながら見通せる面と見通せない面を平面的立体的に混ぜ込んだ、鉤の手のような余白空間を持つ住宅をつくりたいと考えた。

階段路地と横断ブリッジ
計画地は、周辺の住宅と比べて2倍程の面積を有する角地であり、周囲に対する圧迫感と視線の交錯を避けたいと考えた。そこで、建物を半階分地下に埋め、1.5層分の高さに1枚の屋根を架けて、この下に2つのボリュームと余白空間を配置した。
この余白空間は、道路と同じレベルのダイニングキッチン、そして大階段で半階下りると2層吹き抜けのリビング、ダイニングの北側とリビングの南側にそれぞれ配置した屋根下のテラスによる、半分が内部で半分が外部である鉤の手(Z字)型平面の路地空間となる。そして、1階南西側の洗面所や浴室など水廻りのあるボリューム、北東斜向かいの主寝室と2階のプレイルームのあるボリュームを繋ぐようにプレイルーム(将来の子ども室)へ向かうブリッジを路地中空に配置して、立体交差させた。
これら鉤の手型の動線の平面的立体的な重なり/交差により生まれた、キッチンとリビング互いの調度良い距離感やブリッジの往来、大階段での滞留、そして2つのテラスから抜ける光や風が、ボリュームの残余であった余白空間を活き活きとした「階段路地」へと変容させ得るのでは無いかと考えた。
そして、緩やかな見え隠れと奥行きへの連続性を確保した中央の「階段路地」は、街からは見通せない裏通りとして、家の中では2つのボリュームの中央にある表通りとして、居場所や立ち位置によって裏表が入れ替わる、二面性を持つ中間領域となることを期待した。

写真:高橋菜生

井原 正揮 井原 佳代

株式会社ihrmk一級建築士事務所
東京都
HP:https://ihrmk.co.jp/

クライアントの考えや要望を丁寧に咀嚼・消化することで、様々な変化に耐え得る空間をつくること、それが建築家の最も重要な役割だと考えます。
本当に求めているものは何か、必要なものは何かを、お客様と私たちで見つけることができたら何よりの幸せです。

<経歴>
井原正揮 
1980     福岡県北九州市生まれ・愛知県豊田市育ち
1998-2002 名古屋大学工学部社会環境工学科
2003-2006 東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻
2007-2014 シーラカンスアンドアソシエイツ
2015             ihrmk開設
2016             株式会社ihrmk設立
      名古屋大学非常勤講師
2020-           駒沢女子大学非常勤講師

井原佳代
1979          東京都生まれ
1998-2002 神奈川大学工学部建築学科
2003-2004 キングストン大学大学院美術・デザイン・建築学部
2009-2016 シーラカンスアンドアソシエイツ(プレス)
2016    ihrmk参加
2017-   神奈川大学非常勤講師
2022-   ICSカレッジオブアーツ非常勤講師

<受賞歴>
2015   「風景を通す家」Bronze A’ Design Award 2015
2018   「ひな壇基礎の家」リネアタラーラ オーダーキッチン グランプリSHOW 2018 グランプリ
2020   「はつせ三田」2020年度日本建築家協会優秀建築選100選
     「はつせ三田」2020年度グッドデザイン賞
2021   「はつせ三田」東京建築士会住宅建築賞2021
     「はつせ三田」令和3年度日事連建築賞小規模部門優秀賞
     「はつせ三田」JID AWARD 2021 インテリアスペース部門入選
2022   「miike」第53回令和3年度中部建築賞一般部門B特別賞
     「はつせ三田」第47回東京建築賞共同住宅部門最優秀賞
<掲載>
2014   「風景を通す家」新建築住宅特集2014年12月号掲載
2015   「風景を通す家」EDITION29 014掲載
     「風景を通す家」Lives vol.82掲載
     「風景を通す家」&home vol.46掲載
2016   「はなれのはなれ」Lives vol.86掲載
     「はなれのはなれ」Inred 2016年8月号掲載
2017   「はなれのはなれ」新建築住宅特集2017年2月号掲載
2018   「ひな壇基礎の家」新建築住宅特集2018年5月号掲載
     「はなれのはなれ」TOTO通信2018年新春号掲載
2020   「はつせ三田」新建築2020年2月号掲載
2021   「はつせ三田」 “Penshirubiru. Collective housing in Japan taken to its limit”, TC Cuadernos掲載

 

お気に入り登録

関連記事

  1. 佐久穂の個人住宅 長野県

  2. 田園調布の家

  3. 棲林居

  4. complex K

  5. 旭区の家 神奈川県

  6. 軽井沢Fさんの家 群馬県

  1. エレファントハウス 愛知県

  2. LOCAL HOUSE 06 大分県

  3. 止揚する家 新潟県

  4. 新森の住宅 大阪府

  5. 奄美大島の別荘 鹿児島県